サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ヤマハ、マーベリック・ビニャーレスと2年間の契約延長。チームメイトは誰に?

ここから本文です

【MotoGP】ヤマハ、マーベリック・ビニャーレスと2年間の契約延長。チームメイトは誰に?

【MotoGP】ヤマハ、マーベリック・ビニャーレスと2年間の契約延長。チームメイトは誰に?


 2017年シーズンにスズキからヤマハへ移籍したマーベリック・ビニャーレス。2019年シーズンは2勝を挙げ、ランキング3位を獲得するなどの活躍を見せた。ヤマハは1月28日(火)に、ビニャーレスと2年間の契約延長に合意したと発表した。

■“選択と集中”の開発。目指したのは『コーナ前後100mの強さ』|ヤマハ開発リーダーに訊く(1)

 これまでのビニャーレスの契約は、他チームの多くのライダーと同じく2020年末で満了となるもので、2021年シーズンに向けた移籍市場の目玉ライダーと目されていた。

 ビニャーレスが昨年2勝を挙げたとは言え、近年のヤマハは苦戦が続いていた。そのため、彼がヤマハに留まるかは不透明な状況だと見られていただけに、その動向には注目が集まっていた。

 しかし、ビニャーレスはヤマハとの契約を延長する決断を下した。彼は今回の契約延長について、2020年シーズンも開幕していない段階で2021年以降について考えたくはない、と前置きした上で、「ヤマハに残留しない理由はない」と語った。

「“自分のチーム”を維持できると感じているので、とても満足している」と、ビニャーレスは言う。

「今年が僕の今のクルーでの2年目になるけど、この先の2年が楽しみだ」

「とてもワクワクしているよ! 本当に懸命に取り組んでいるし、僕らは正しい道を進んでいると思う」

「僕にとって、シーズン開始前にこの発表を行なうことがとても重要だった。なぜなら僕にはとても高いモチベーションがあり、そして2020年シーズンに完全に集中したいからだ。将来について考えるのに、あまり多くの時間を使いたくないんだ」

「ヤマハに残留しない理由は無かった。家族のように感じられているからね。ヤマハは僕に多くの支援をしてくれている。それにさっきも言ったけど、“僕のチーム”というのが本当に必要なんだ」

「僕らは(改善に)取り組み続けて、もっと強くならないといけない。僕らの目標は常に、世界チャンピオンになること、そしてヤマハにナンバーワンの栄光をもたらすことだ」

「僕はベストを尽くすつもりだ。チームを誇らしい気持ちにさせるために全てを差し出すよ」

 今回ビニャーレスが早期に契約延長を発表したことで、チームメイトのバレンティーノ・ロッシの将来については疑問が生じることになった。

 ヤマハはサテライトチームのペトロナス・ヤマハSRTにファビオ・クアルタラロという有望株を抱えており、陣営にとどめたいと考えているはずだ。そして、2021年に彼に対してファクトリーチームのシートを提示する可能性は高い。

 一方でロッシは、キャリアを延長するかどうかは序盤戦のパフォーマンスを確かめて決めたいという考えを示している。また、キャリアを続ける場合はファクトリーチームでなくとも構わない、とも語っていた。

 ヤマハはセパンテスト開始直前となる2月6日に、2020年シーズンの参戦体制発表を行なうとしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します