サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1代表、レッドブルのスタッフ引き抜きに不満なし「100人がアプローチ受け、応じたのは15人だけ」

ここから本文です
 2022年からホンダのパワーユニット(PU)を引き継ぎ、自社製のPUでF1を戦うことになるレッドブル。PUの開発・製造を担当する新会社レッドブル・パワートレインズを設立し、準備を進めている。

 2022年に使用するPUはホンダが開発を進めており、その後はPUの開発が凍結されるが、2025年には次世代PUが導入される。レッドブルは自社で新PUを開発すべく、メルセデスの”ハイ・パフォーマンス・パワートレインズ(HPP)”からスタッフを引き抜いている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン