サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1、熾烈な中団争いを予想「ランキング4位から6位に落ちてもおかしくない」

ここから本文です

 マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、2020年のF1が同チームにとって厳しいシーズンになると予測している。中団勢のなかでマクラーレンのポジションが大きく変化する可能性があると考えているのだ。

 数年にわたり不振にあえいだマクラーレンだが、2019年には上昇に転じた。コンストラクターズランキングでは4位となり、F1の“トップ3チームを除いたなかでのトップ”となっている。

新型コロナ対策支援のオークションが終了。マクラーレンMP4-24が最高額の約880万円で落札

 ブラウンはマクラーレンがこの勢いを維持できることを願いつつも、厳しいシーズンになることを予想している。

おすすめのニュース

サイトトップへ