サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > プレミアムミニバンのメルセデス・ベンツ・Vクラスが安全装備と機能装備を拡充

ここから本文です

プレミアムミニバンのメルセデス・ベンツ・Vクラスが安全装備と機能装備を拡充

メルセデス・ベンツがプレミアムミニバン「Vクラス」の一部改良を実施。安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」と対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備化

 メルセデス・ベンツ日本は7月13日、プレミアムミニバンのVクラスの一部改良を実施し、同日より発売した。

プレミアムミニバンのメルセデス・ベンツ・Vクラスにキャンパー仕様が登場

車種展開は以下の通り。
V220dアバンギャルド:781万円
V220dアバンギャルド・ロング:805万円
V220dアバンギャルド・エクストラロング:831万円


 今回の一部改良は、安全装備と機能装備を拡充してプレミアムミニバンとしての魅力度をいっそう高めたことが特徴だ。

 まず安全面では、安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備。具体的には、レーダーで先行車を検知することで追突のリスクを低減する「アクティブブレーキアシスト(歩行者検知機能付)」、最適な車間距離を自動で維持するとともに先行車が停止した場合は減速して停止する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する「ブラインドスポットアシスト」、車線逸脱をステアリングの微振動で警告する「レーンキーピングアシスト」、危険を察知した際に安全装備の効果を最大限に高める「PRE-SAFE(プレセーフ)」などを標準で組み込んだ。

 次に機能面では、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」を標準設定。音声認識機能を備えたボイスコントロールは「Hi,Mercedes(ハイ、メルセデス)」とクルマに話しかけるだけで起動し、「少し暑い」「カフェに行きたい」といった普段の会話のように話しかけることで、インフォテインメント機能(目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げなど)や車両設定(クライメートコントロール、各種ヒーター、照明など)が簡単に操作できる。また、ダッシュボード中央に配した10.25インチのワイドスクリーンは、指先でセレクト、スワイプ、拡大などが可能なタッチインターフェースを採用した。

 パワートレインに関しては基本的に従来と共通で、“651”2142cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(163ps/380N・m)+7Gトロニック・プラス(電子制御7速AT)を搭載して後輪を駆動(FR)。足回りには「AGILITY CONTROLサスペンション」を標準で採用している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します