サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 次期FIA会長候補ベン・スレイエム「世界のモータースポーツ人口を2倍にしたい」

ここから本文です
 今年の12月に行なわれるFIA(国際自動車連盟)会長選挙。これに立候補することを表明しているモハメド・ベン・スレイエムは、FIA会長となった際にはモータースポーツ部門と自動車部門にそれぞれ担当のCEOを置き、そして世界のモータースポーツの競技人口を2倍にしたいと抱負を語る。

 現職のFIA会長であるジャン・トッドの後任を決めるための選挙が、今年の12月に行なわれる予定だ。現時点ではふたりがこれに立候補するものと見られているが、そのうちのひとりがモハメド・ベン・スレイエムだ。もし彼が当選すれば、初のヨーロッパ外出身のFIA会長が誕生ということになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ