サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > LMH初年度のWECカレンダー発表。モンツァと南ア・キャラミでレース開催

ここから本文です

 FIA世界耐久選手権(WEC)は新たなレギュレーションの下、LMHクラスがスタートする2020-2021年シーズンのカレンダーを発表。モンツァとキャラミで新たにレースが開催されることとなった。

 モンツァは、10月4日に第2戦として6時間レースを開催する。今季は第3戦として開催された上海がモンツァに置き換わった形だ。その影響で富士でのWEC開催が11月1日決勝と、例年より遅い時期に変更されている。

■プジョーの参戦決定で、新生LMHクラスは安定する? トヨタTDの期待

 なお、2019-2020年シーズンはシーズン序盤に4時間レースが行なわれたが、2020-2021年シーズンはいずれも6時間以上のレース時間となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ