サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハース、2020年は“伝統のカラーリング”で復活期す「チームは昨年の失敗から学んだ」

ここから本文です

ハース、2020年は“伝統のカラーリング”で復活期す「チームは昨年の失敗から学んだ」

ハース、2020年は“伝統のカラーリング”で復活期す「チームは昨年の失敗から学んだ」

 ハースF1チームは、2月6日に他のF1チームに先駆けて2020年マシン『VF-20』のイメージ画像を公開した。昨年までリッチ・エナジーの黒と金というカラーリングだったハースだが、同社とシーズン途中に関係を終了したこともあり、今季は2018年以前と同じ白、黒、赤のカラーリングに戻っている。

 ハースは2018年にコンストラクターズランキング5位と躍進したが、2019年は一転して苦戦。ランキング9位に転落した。今季もロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンというドライバーラインアップは継続し、復活を誓う。

■ハースF1、2020年マシンのカラーリング発表。原点回帰?

「カラーリングが馴染みのあるものに戻ったのは喜ばしいことだ」

 チームオーナーであるジーン・ハースはそう語った。

「率直に言って、VF-20が2018年コンストラクターズランキング5位となった時のような活躍をしてくれることを望んでいる」

「2019年は耐え難いシーズンだった。我々は全てのF1チームが一度は直面するような、真の教育プロセスを経てきた」

「我々がこの教訓から学んだと信じている。その知識が、VF-20をより競争力のあるマシンにするために役立っただろう」

「我々が中団チームの中で一貫してポイントを取るということは、私にとっても重要だ。我々はそれをする力があり、それができる組織であることを過去にも証明してきた」

 またチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、2020年の技術規則が前年と変わらないため、チームが昨年と同じような過ちを犯さないだろうと語った。

「今季も規則は変わらないため、VF-20の設計に関する様々な解決策を見つけるために、よりマシンに対する理解を深めることができた」とシュタイナーは語った。

「昨年は間違いなく後退したが、我々は皆その状況から多くのことを学んだ。チームの誰もが自分自身を見つめ直し、何をより良くできるかを考えた。VF-20が実際にレーストラックを走るのが楽しみだ」

 なお、VF-20はプレシーズンテスト初日の2月19日に実際のマシンが公開されることとなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します