サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】中上貴晶、タイヤに苦しみドーハGPを17位で完走「ラップタイムをキープできなかった」

ここから本文です

 中上貴晶(LCRホンダ)は、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行なわれたMotoGP第2戦ドーハGPを17位でフィニッシュした。

 予選でQ2に進出できず、16番グリッドからのスタートとなった中上。その決勝レースも厳しいモノとなった。

■MotoGPドーハ決勝:クアルタラロ今季初優勝、ヤマハがロサイル連戦を制覇。マルティン3位表彰台

 スタート直後には順位を上げた中上だったが、徐々にフロントタイヤの消耗に苦労。徐々にペースを落としていった。

「今日も厳しい日でした。

おすすめのニュース

サイトトップへ