サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラティフィ「パンクが起きた時には何の前兆もなかったので、戦略を変えられなかった」:ウイリアムズ F1第20戦決勝

ここから本文です
 2021年F1第20戦カタールGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは17位、ニコラス・ラティフィはリタイアでレースを終えた。

 ラッセルとラティフィはレース後半に相次いで左フロントタイヤのパンクに見舞われた。ラッセルはパンク直後にピットインできたものの、ラティフィはピットレーンの入り口を過ぎていたため、パンクしたタイヤで1周走ることを強いられたが、最終的にはコースサイドにマシンを止めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン