サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【比較試乗】「ボルボS60 T4 vs T5 vs T6」ロングドライブで探った3種のパワーユニットの美点

ここから本文です

【比較試乗】「ボルボS60 T4 vs T5 vs T6」ロングドライブで探った3種のパワーユニットの美点

ボルボS60はクルマに乗って走ることの普遍的な魅力や心地よさを与えてくれるスカンジナビア仕立ての最新セダンだ。今回は、現在ラインアップする3つのパワーユニット、T4、T5、T6でロングランテストを行い、各モデルの美点や魅力にじっくりと向き合った。

エントリーグレードながらT4の満足度は高い

「ボルボ・マグカップ」をプレゼント

SUVが全盛のこの時代にわざわざセダンに乗るのはいかにも酔狂な行為かもしれないが、だからこそ造り手にとっては腕の見せ所でもある。低全高ゆえの運動性能の高さや、SUVにはない端正なスタイリングなどといった、セダンならではの価値を最大化すべく腕によりをかけてくるのだ。とくにプレミアム・ブランドはその傾向が強いが、それは自動車の基本形であるセダンを大切にすることが、ブランド力の誇示に直結するからだろう。

新型ボルボS60も、まさにそういった使命を背負ったかのように気合いの入ったモデルチェンジを敢行してきた。いまボルボは飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続けているが、時代が後押しするSUVと、もともと得意としてきたステーションワゴンが人気の中心。セダンでもその勢いを維持できるのかどうか、ここぞ正念場だということを自覚しているのだろう。

日本でのラインアップはT4 モメンタム、T5 インスクリプション、T6 ツインエンジン AWD インスクリプションの3種類。パワートレインはいずれも直列4気筒2Lをベースにそれぞれ独自のパフォーマンスが与えられている。今回はパワートレイン及びシャシーの仕様の違いが、走りにどんな違いをもたらすのかを確かめるべく、約400kmの比較試乗を行った。

T4は17インチタイヤを履くこともあって、街中を走り出した瞬間から軽やかでソフィスティケートされた乗り心味が印象的だった。路面が荒れていてもゴツゴツとしたところがまったくない。扁平率が高いタイヤは厚底シューズのように快適で、なおかつバネ下が軽いからサスペンションが大きくストロークする状況でもスムーズだ。

それでいて高速道路ではどっしりとしている。速度が増すに従って路面に貼り付いていくような感覚で安定感が抜群なのだ。さすがはセダン。乗り心地と安定性のバランスが高次元だ。その印象はワインディングロードに足を踏み入れても変わらなかった。

最近のボルボは新世代プラットフォームによって走りのポテンシャルが以前よりも飛躍的に高まっているものの、いたずらにスポーティさを強調することがなく、リラックスしてドライブできるモデルが多いが、S60ははっきりとスポーツセダンとして仕立ててきている。コーナーへ向けてステアリングを切り込んでいくと、あまりロールを感じさせずノーズが水平移動していくかのような鋭い回頭性をみせる。古い世代のボルボはFFの宿命でもある、前のめりなダイアゴナルロールが大きかったが、それを払拭したスポーティなハンドリングだ。

3台の中ではパワー&トルクが低いT4ではあるが、常用域での扱いやすさはピカイチだった。低回転域から滑らかにブーストが立ち上がり、ターボ特有のラグなどはほとんど感じさせない。バネ下の軽さもドライバビリティに効いているようでアクセル操作に対して素直にトルクが追従してくれる感覚が強い。2000rpmも回せば十分に力強く、3000-5000rpmではエントリーグレードだというのが信じられないぐらいの速さをみせる。単体で乗っている限りは「これ以上、何を望むのか?」と思うほどだ。

T5、T6にはそれぞれの美点が備わっている

T5はオプションの19インチタイヤとFOUR-Cアクティブパフォーマンスシャシーによって一段とスポーツセダンらしさが強調されていた。T4以上にステアリング操作に対するノーズの反応が鋭くなり、タイトコーナーなどで切り増していったときの舵の効きも一枚上手でダイレクト感に富んでいる。その自在な感覚のハンドリングはFRのライバルに勝るとも劣らないほどスポーティだ。T4に比べると乗り心地は引き締まってくるが、スポーツセダンを求める向きなら十分に許容範囲だろう。むしろ硬めでもそれほど不快に感じないことに驚きを覚えるかもしれない。新世代ボルボのサスペンションはフリクションが少なく、じつにスムーズに動くのも特徴なのだ。

エンジンはT4に比べて全体的にトルクの厚みが増すとともに、回転が高まるほどに活発になっていく。4000rpmを超えても回転上昇の勢いが落ちずに6300rpmまで鋭く回りきる。一般的な走行ではT4も必要十分の範囲を大きく超えているが、T5はそこにスポーツセダンらしい官能性が加わっているのだ。

T6は大容量バッテリーを搭載するプラグインハイブリッドとあって、車両重量はT4やT5に比べて350kgほど重くなる。それは必ずしも悪い影響をもたらすわけではなく、独特の重厚な乗り味をみせていた。路面が大きくうねっていたり凹凸が多い場面でもボディの動きがドシッと落ち着いていて安心感がひと際高いのだ。サスペンションは車両重量に対応して硬くなっているはずだが、前述のように新世代ボルボのそれはフリクションが少なくスムーズに動くから無用にゴツゴツするなんてこともない。

ハンドリングも想像するよりもずっとスポーティ。設計段階からプラグインハイブリッド化が想定されていたゆえに、モーターは低い位置に、バッテリーはシャシーの中央にそれぞれ配置され、運動性能の高さに寄与している。限界に近い走行でも4つのタイヤがピタリと路面に押しつけられ、ヨー慣性モーメントの低さで鋭い回頭性をみせつけるのだった。

S60はSPAと呼ばれる新世代プラットフォームのポテンシャルの高さを低全高なボディで存分に引き出したスポーツセダンだ。軽快で快適さをも合わせもつT4、シャープなハンドリングを究めたT5、独特の重厚感と落ち着きのあるT6。数字が大きくなるにつれてパフォーマンスが高まっていくのは確かだが、必ずしもそれにスポーツセダンとしての魅力が比例するわけではなく、それぞれに特有の美点が備わっているのがロングドライブでの嬉しい発見だった。走りのポテンシャルが高いセダンだからこそ特性を際立たせることができるのだろう。その奥深さには普遍的な価値があるのだ。




【Specification】VOLVO S60 T4モメンタム
■全長×全幅×全高=4760×1850×1435mm
■ホイールベース=2870mm
■トレッド=前後1605mm
■車両重量=1660kg
■エンジン型式/種類=B420/直4DOHC16V+ターボ
■内径×行径=82.0×93.2mm
■総排気量=1968cc
■最高出力=190ps(140kW)/5000rpm
■最大トルク=300Nm(30.6kg-m)/1400-4000rpm
■燃料タンク容量=55L(プレミアム)
■燃費(JC08)=12.8km/L
■トランスミッショッン形式=8速AT
■サスペンション形式=前Wウイッシュボーン/コイル、後インテグラル/コイル
■ブレーキ=前後ディスク
■タイヤ(ホイール)=前225/50R17(7.0J)、後235/45R18(8.0J)
■車両本体価格(税込)=4,890,000円

【Specification】ボルボS60 T5インスクリプション
■全長×全幅×全高=4760×1850×1435mm
■ホイールベース=2870mm
■トレッド=前後1600mm
■車両重量=1660kg
■エンジン型式/種類=B420/直4DOHC16V+ターボ
■内径×行径=82.0×93.2mm
■総排気量=1968cc
■最高出力=254ps(187kW)/5500rpm
■最大トルク=350Nm(30.6kg-m)/1500-4800rpm
■燃料タンク容量=55L(プレミアム)
■燃費(JC08)=12.9km/L
■トランスミッショッン形式=8速AT
■サスペンション形式=前Wウイッシュボーン/コイル、後インテグラル/コイル
■ブレーキ=前後ディスク
■タイヤ(ホイール)=前後235/45R18(8.0J)
■車両本体価格(税込)=6,140,000円

【Specification】ボルボS60 T6ツイン・エンジン AWDインスクリプション
■全長×全幅×全高=4760×1850×1435mm
■ホイールベース=2870
■トレッド=前後1600mm
■車両重量=2010kg
■エンジン型式/種類=B420 /直4DOHC16V+ターボ+SC
■内径×行径=82.0×93.2mm
■総排気量cc 1968cc
■最高出力=253ps(186kW)/5500rpm
■最大トルク=350Nm(35.7kg-m)/1700-5000rpm
■モーター形式/種類=[前]T45[後]AD2/交流同期電動機
■モーター最高出力=[前]46ps(34kW)/2500rpm、[後]87ps(65kW)/7000rpm
■モーター最大トルク=[前]160Nm(16.3kg-m)/0-2500rpm、[後]240Nm(24.4kg-m)/0-3000rpm
■燃料タンク容量=60L(プレミアム)
■燃費(WLTC)=13.7km/L
■トランスミッショッン形式=8速AT
■サスペンション形式=前Wウイッシュボーン/コイル、後インテグラル/コイル
■ブレーキ=前後ディスク
■タイヤ(ホイール)=前後 235 /45R18(8.0J)
■車両本体価格(税込)=7,790,000円

EXTRA SERVICE/ボルボは“サブスクリプション”で乗れる!
ボルボ車を月々の定額料金で利用できるサブスクリプションプラン「SMAVO(スマボ)」。3年契約で2年後から乗り換え可能な「SMAVO 2/3」と5年契約で3年後から乗り換え可能な「SMAVO3/5」の2種類が用意され、諸費用、自動車税などを含めた毎月一定額を支払えばボルボ車に乗ることが可能。しかもS60も例外なく、それぞれ3年後の残価が50%、5年後の残価が30%保証されるのも見逃せない。

お問い合わせ
ボルボ・カー・ジャパン 0120-922-662

 

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します