サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1残留を望むボッタス、マネージャーにアルファロメオ代表との接触を指示。移籍の可能性を排除せず

ここから本文です
 これまでにグランプリで9勝し、F1の表彰台に62回立ったほどのドライバーが、いったいなぜ今、2012年日本GPにおける小林可夢偉の3位を最後に1度も表彰台を獲得できていないようなチームへの移籍を前向きに考えているのだろうか? これは、バルテリ・ボッタスがアルファロメオF1に移籍するかもしれないというニュースが先週末に報じられて以降、多くの人が抱えている疑問だ。

 報道を見るかぎり、これは12年前にマクラーレンから当時新興のロータスF1、その後ケータハムと呼ばれることになったチームに移籍したものの、散々な成績に終わったヘイキ・コバライネンのケースを想起させる。

おすすめのニュース

サイトトップへ