サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ICE車削減】ディスカバリー・スポーツ、レンジローバー・イヴォーク 次期モデルは電動のみ

ここから本文です

【ICE車削減】ディスカバリー・スポーツ、レンジローバー・イヴォーク 次期モデルは電動のみ

フルハイブリッドかEVのみ展開

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

【画像】電動化を推し進めるランドローバー【ハイブリッド化された各モデルを写真で見る】 全158枚

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

次世代のレンジローバー・イヴォークとランドローバー・ディスカバリー・スポーツは、ジャガー・ランドローバーの新しい電動モデル向けプラットフォームに切り替え、ハイブリッドとEVのみが導入される。

ジャガー・ランドローバー(JLR)の新しい事業計画「Reimagine」の一環として、ランドローバーは今後5年以内に6車種のBEV(バッテリーEV)を発売し、2026年以降はハイブリッドを含む電動パワートレインのみを使用する。

2030年までに世界販売の60%を完全電動化し、10%をプラグイン・ハイブリッド、30%をマイルド・ハイブリッドまたはスタンダード・ハイブリッドにすることを目標としている。また、2036年までには全世界の販売台数をゼロ・エミッション車にすることを目指す。

ランドローバーの将来の全モデルは、MLAおよびEMAの2つのプラットフォームのいずれかに切り替えられる。同社は投資家向けプレゼンテーションの中で、両プラットフォームの技術的詳細と、採用されるモデルを明らかにした。

EMAプラットフォームは2024年から導入される予定で、次世代のレンジローバー・イヴォークとディスカバリー・スポーツに採用されることが明らかになっている。つまり、両モデルについては今後、内燃機関モデルとマイルド・ハイブリッド車のどちらも販売されないということになる。

EV向けEMAと柔軟性の高いMLA

ランドローバーはEMAプラットフォームについて、床下EVバッテリーを中心に設計されており、「シンプル」なボディ構造とスペースを最大化するフラットフロアを持つと説明した。JLRが設計した電気駆動装置(EDU)は800V技術を中心とし、EMAプラットフォームを使用するEVは、1kWhあたり約4-4.5マイル(約6.4~7.2km)の航続距離を実現するという。

EMAプラットフォームはEV用に設計されているが、「リーンバーン技術を用いた電動化コンパクトICEシステム」を採用するハイブリッドやプラグイン・ハイブリッドシステムを搭載することも可能だ。

一方のMLAプラットフォームは2022年か2023年に導入される予定で、次世代のレンジローバーやレンジローバー・スポーツなどに採用される。「柔軟性のあるアーキテクチャー」と表現されるMLAは、マイルド・ハイブリッド、ハイブリッド、プラグイン・ハイブリッド、完全EVの各パワートレインに対応する。

注目すべきは、今回の投資家向けプレゼンテーションでは、次世代ヴェラールがどのプラットフォームを使用するかは明記されていなかったことだ。おそらくEMAを採用することになるだろう。

ランドローバーは、既存モデルのEV版をリリースするだけでなく、今後5年以内にEV専用のネームプレートを展開する予定で、将来のヴェラールはイヴォークとの差別化を図るためにEV専用モデルとなる可能性がある。

投資家向けプレゼンテーションでは、ランドローバーの将来のモデルラインを示すグラフィックが示され、ディフェンダーのシリーズ拡大が示唆されている。そのシリーズの1つとして、ディフェンダーのピックアップトラック仕様も登場する可能性がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します