サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC第2戦ポルティマオ予選:アルピーヌ、トヨタGR010の2台を下してポールポジション獲得

ここから本文です

WEC第2戦ポルティマオ予選:アルピーヌ、トヨタGR010の2台を下してポールポジション獲得

WEC第2戦ポルティマオ予選:アルピーヌ、トヨタGR010の2台を下してポールポジション獲得

 36号車アルピーヌが、WEC(世界耐久選手権)ポルティマオ8時間レースの予選で、TOYOTA GAZOO Racingの2台を下し、ポールポジションを獲得した。

 フリー走行で速さを見せていたのはLMP2クラスのマシンだった。しかし、最高峰LMH(ハイパーカー)クラス勢も予選ではペースアップした。

■WEC、ポルティマオ戦のBoP変更はグリッケンハウスデビューに伴う”初期調整”。トヨタ「合意されたプロセスの一部」と納得

 ただポールポジションを獲得したのは開幕戦で優勝したトヨタGR010ではなく、アルピーヌだった。

 アルピーヌのマシュー・バクシヴィエールは、1分30秒364を記録。ブレンドン・ハートレーがドライブした8号車トヨタを、0.094秒退けた。

 7号車トヨタはマイク・コンウェイがドライブ。1回目のアタックでは1分30秒540を記録しアルピーヌに迫っていたが、2回目のアタックでタイムを改善することができず、3番手に終わった。

 もう1台のハイパーカークラスのマシン、グリッケンハウスは今回がデビュー。リチャード・ウエストブルックがドライブしたが1分32秒167に留まり、7台のLMP2クラス車に先行される11位に終わった。

 LMP2クラスの首位は、トム・ブロンクヴィストがドライブした28号車のJOTA。ブロンクヴィストは僚友38号車のアントニオ・フェリックス・ダ・コスタとクラス首位を争ったが、ダ・コスタが2回目のアタックでペースアップできなかったのに対し、ブロンクヴィストは改善。クラストップとなった。

 LM-GTE Proクラスは92号車ポルシェGTチームが首位、LM-GTE Amクラスは56号車チーム・プロジェクト1が首位で予選を終えている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します