サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIAとフェラーリF1、サインツのクラッシュを受け、シートベルトの安全性を調査へ

ここから本文です
 F1第14戦イタリアGPで、フェラーリのカルロス・サインツがモンツァのウォールに衝突した際、シートベルトが伸びて身体が前に傾く場面があった。FIAはこれについて、安全性の面で調査を行う予定だという。

 サインツは土曜日のFP2において、アスカリ・シケイン中程でクラッシュし、イン側のバリアにほぼ正面から衝突した。オンボード映像では、大きな衝撃のためにサインツの身体が前方に倒れる様子が見られた。

おすすめのニュース

サイトトップへ