サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アバルト70周年を祝すWEB専売の限定車『Abarth 695 70° Anniversario』登場

ここから本文です

アバルト70周年を祝すWEB専売の限定車『Abarth 695 70° Anniversario』登場

アバルト70周年を祝すWEB専売の限定車『Abarth 695 70° Anniversario』登場

 数多くの限定車をラインアップしてきたベースモデルの『フィアット500(チンクエチェント)』同様、蠍(サソリ)の毒によりさらなる高性能を手にしたAbarth(アバルト)にも、同ブランドの70周年を記念する限定車『695 70° Anniversario(セッタンタ・アニヴェルサーリオ)』が登場。11月15日(金)より、公式ウェブサイト内専用ページを通じて100台限定にて予約受付が開始されている。

 今回の創業70周年限定車は、同社がラインアップするチンクエチェント・ベースのモデル群のうち最もハイパフォーマンスな『595 コンペティツィオーネ』をベースに、アバルトが手がけた初期のモデル『フィアット500 エラボラツィオーネ アバルト レコルド』に由来するグリーンのボディカラー“Verde Monza 1958”を採用。

ジャガー『F-PACE/E-PACE』に特別仕様車"Sensory Performance Edition"登場

 このモデルは1958年にモンツァサーキットで行った速度記録において、当時6つの世界記録を樹立。アバルトの名を世界に轟かせた歴史的記念碑となっている。

 アバルトの創始者カルロ・アバルト(1908-1979)は、パワーや最高速度、加速性能といった数値の追求に留まらず、ドライバーの心を刺激するチューニングを探求。この『695 70° Anniversario』は、そうしたカルロ・アバルトのクルマ作りの哲学が反映したものになっているという。

 そんなブランドのヘリテイジを感じさせる専用装備として、今回の限定車には1970年に登場した『フィアット・アバルト 1000 TCR』にインスピレーションを受けた大型リヤウイングも搭載。

 このウイングは最大60度まで12段階で角度調整が可能で、イタリア・トリノのオルバッサーノにあるFCAの風洞施設でテストを行い、200km/hで最大42kgのダウンフォースを発揮することが確認されており、サーキット特性に応じてウイングの角度を変更することで、挙動の変化を楽しむことが可能となっている。

 さらに、専用ボディキットや専用17インチアルミホイール、コーナリング時のトラクションを高めるメカニカルLSD(5MTのみ)により、外観も走りもよりスポーティに演出されている。

 その他、ベースの595に準じて最高出力180PSの1.4リッター直列4気筒直噴ターボエンジンをはじめ、スポーツサスペンション、ブレンボ製ブレーキ、ハイパフォーマンスエキゾーストシステム“レコードモンツァ”などを標準装備。

 トランスミッションはベース車同様、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション(5速MTA)と5速マニュアルトランスミッション(5速MT)を設定し、5MTモデルでは左/右ハンドルが選択可能となっている。

 上記の内訳は5速MTの右ハンドル仕様が30台、左ハンドルが20台となり、5速MTAは右ハンドルのみで50台の計100台が用意され、価格はMT仕様が417万円。MTA仕様が434万円となっている。
公式サイト:https://www.abarth.jp/limited/70thanniversary/

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します