サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新生アルファタウリ・ホンダ、テスト前半終え手応えあり。クビアト「高いレベルの内容だった」

ここから本文です

 2020年のF1プレシーズンテスト前半が終了。アルファタウリ・ホンダは3日目の走行をダニール・クビアト、ピエール・ガスリーの2名で行ない、121周を走り込んだ。

 クビアトが5番手、ガスリーが9番手タイムでテスト3日目を終えたが、両者ともにテスト内容に満足している様子だ。

■「全ての材料が揃った」アルファタウリ代表”ランク5位”目指す意味を語る

 特にクビアトは、2019年の同時期に比べても前進できている手応えを感じていると、チームのプレスリリースにコメントを寄せている。

「今日は半日だけの走行だったので、あっという間に終わってしまった感じですが、できる限りの走行を行い、生産的な1日になりました。

おすすめのニュース

サイトトップへ