サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン「マックスは何が起きるか分かっていて引かなかった」クラッシュで身体を守ったヘイローには感謝/F1第14戦

ここから本文です
 2021年F1イタリアGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)との接触でリタイアした。

 ハミルトンは4番グリッドからハードタイヤでスタート、1周目にいったんは3番手に上がり、2番手を走行するフェルスタッペンにしかけるが、タイトになりコースにはみ出したことで、結局4番手に戻ることになった。上位3台のピットストップが終わった25周目にピットイン。コースに復帰した際に、フェルスタッペンと並ぶ形になり、ポジションを争うなかで、ふたりはターン2で接触。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン