サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【さらに激しく】2020年版アウディRS5、さらにアグレッシブな外観に 馬力/トルクは変更なし

ここから本文です

【さらに激しく】2020年版アウディRS5、さらにアグレッシブな外観に 馬力/トルクは変更なし

パフォーマンスモデルらしいアグレッシブなデザインへ

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

【画像】アウディRS5マイナーチェンジ前後で比較【比べる】 全100枚

現行モデルの発売後からわずか半年、アウディはRS5スポーツバックとクーペのスタイリングとインフォテインメント・システムのアップデートを発表した。

フロントエンドでは、エアインテークの形状を変更し、グリルを大きくよりアグレッシブな外観にするなど、同シリーズのRS4とRS7と同様の改良がされている。

グリル上の3つのベントは、現在のA1スーパーミニと同様、1984年のアウディURクアトロからヒントを得ている。

最近アップデートされたほかのRSモデルと同様、RS5のホイールアーチは40mm延長されている。

オプションで選ぶことのできるダークカラーのヘッドライトベゼルは、標準のA5とは異なる、パフォーマンスモデルらしさを出している。

ディフューザーの形状が変更されるなど、リアも微妙に変わっている。

ターボブルーとタンゴレッドの2つの新しいカラーオプションが追加され、3種の新しい20インチの大径ホイールのカラーは、ブラックまたはブロンズから選ぶことができる。

2ドアクーペのバリエーションには、カーボンファイバーのルーフパネルが採用され、乾燥重量を約4kg減らすことに成功している。

最新のインフォテインメントシステムを搭載

ロータリーコントローラーに代わり、音声認識テクノロジーを備えた最新のインフォテイメントMMIを搭載。自立型10.1インチのタッチスクリーンはドライバーに向かって傾けられていて使いやすい。

オプションの「ナビゲーションプラス」パッケージには、RS固有のモニターが追加されており、温度、加速度、タイヤ空気圧のデータが表示される。

アップグレード前と同様、2.9LツインターボV型6気筒エンジンを搭載。最高出力450ps、最大トルク61.1kg-mにも変更はなく、両モデルともに0-100km/h加速は4.1秒で、最高速度は280km/h。

新しいRS5の英国での価格は新年に発表される予定。ドイツでの価格は8万3500ユーロ(1009万円)からとされていて、現行モデルの6万8985ポンド(988万円)をわずかに上回ると予想される。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します