サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ3台が予選トップ5入り「それぞれに表彰台のチャンスあり。角田にはアグレッシブなレースを期待」と田辺TD/F1第2戦

ここから本文です
 2021年F1エミリア・ロマーニャGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは2番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はノータイム、ピエール・ガスリーは5番手を獲得、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車がトップ5に3台入った。

 角田はQ1最初のアタックラップ中、ターン14~15のシケインでリヤが流れて後方からバリアに衝突。マシンは大破したが、幸いけがはなかった。予選ノータイムに終わった角田だが、プラクティスでの実績から、決勝スタートが認められ、最後方グリッドからスタートする予定となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン