サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 中上貴晶「あまり良い日ではなかったが、次戦もプッシュし続ける」/MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP決勝

ここから本文です
 10月24日、2021年MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP MotoGPクラスの決勝がイタリアのミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は15位に終わった。

 今大会は金曜日、土曜日ともに雨の多い不安定な天候に見舞われ、各選手ともウエットコンディションの対応に苦しんだ。日曜日の決勝レースは一転、青空が広がって気温は18度、路面温度は23度というコンディションで実施。予選17番手に終わった中上はウォームアップ走行で今季5回目のトップタイム1分32秒879をマークし、レースでの追い上げを期していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ