サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIAがF1新体制を検討中。競技・技術の総責任者候補に元アルピーヌのブコウスキーが浮上

ここから本文です
 FIAのF1レースディレクター、マイケル・マシとシングルシーター技術責任者ニコラス・トンバジスは、現在FIAが公開している組織図のなかに名前が掲載されていないが、現在も契約は継続しており、その職務に当たっている。ふたりが更迭されるといううわさもあるものの、FIAはふたりを残留させる形で新たな体制を形成するかもしれない。

 2021年12月にFIA会長としてモハメド・ビン・スライエムが新たに就任した後、彼をトップとする新しい組織図が公開された。ジャン・トッド前会長の時代に含まれていたマシとトンバジスの名前が新組織図から消えていたため、彼らが外されたという説が流れ始めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ