サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リバティ・メディアのオーナー就任から5年。チームと共に変革の道を進むF1の”新しい世界”

ここから本文です

 リバティ・メディアが2016年9月にF1のオーナーとなってから、はや5年が経過した。長いようで短いこの5年で、F1はソーシャルメディアをより活用するようになり、Netflixによるドキュメンタリー制作を受け入れるなど、大きく変化している。

 グランプリ運営という点でも変化が起きている。スプリント予選レースの実施といった急進的なコンセプトを、試験的に実施するという試みをしているのだ。

■ホンダ、新型ESについて解説「F1で最後の大プロジェクト……カーボンニュートラルにも活きる技術」

 以前のF1では何かを変えようと思っても、競争上の優位性が損なわれるのではないかという懸念から抵抗を受け、前に進まないことが多かったこととは対照的だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ