サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > TCS NAKAJIMA RACINGが鈴鹿テストで車両をスワップ。山本、大湯が抱いた違いときっかけ

ここから本文です
 12月7~8日、三重県の鈴鹿サーキットで行われた全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同テスト。レギュラーシーズンとは異なるラインナップでテストに参加しているホンダエンジンユーザーの各チームだが、テストではTCS NAKAJIMA RACINGの山本尚貴と大湯都史樹が、それぞれの車両をスワップして走行に臨む光景が見られた。

 2021年シーズン、チャンピオンナンバーの1をつけた山本と、チームのエースナンバーである64をつけてシーズンを戦った大湯。

おすすめのニュース

サイトトップへ