サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 昭和の昔、三ない運動の興り【高校生のバイク事故&暴走族の社会問題化が要因だった】

ここから本文です



前回のレポートに続いて、日本自動車工業会発行『埼玉県三ない運動見直しの記録』をひも解く。本記事では埼玉県で三ない運動が始まった経緯について紹介する。

三ない運動撤廃マニュアルになるか? 冊子『埼玉県 三ない運動見直しの記録』が自工会より発行



三ない運動は’81年2月から



’70年代後半、高校生のバイク事故やバイクを使った暴走族の非行行為が増大し、全国的に社会問題となっていた。埼玉県では、’80年9月に県教委内に「暴走行為等防止対策連絡協議会(略称:暴防協)」が設置され、対策の検討が始まった(下表1)。なお、暴防協の会長は埼玉県高等学校PTA連合会の会長が務めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン