サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レーシングポイント共同オーナーのローレンス・ストロール、約280億円支払いアストンマーチンの大株主に?

ここから本文です

レーシングポイント共同オーナーのローレンス・ストロール、約280億円支払いアストンマーチンの大株主に?

レーシングポイント共同オーナーのローレンス・ストロール、約280億円支払いアストンマーチンの大株主に?

 レーシングポイントF1チームのチームオーナーのひとりであるローレンス・ストロール。彼がアストンマーチンの大株主となることが、早ければ1月31日(金)中に発表されるようだ。

 イギリスの『ファイナンシャル・タイムズ』紙が報じたところによると、カナダ人の億万長者として知られるストロールは、イギリスの象徴的なスポーツカーブランドであるアストンマーチンの株式を取得したいと考えており、現在中国の自動車メーカーであるジーリーと、アストンマーチンの株式を巡って争っているようだ。

■アストンマーチン、DTM参戦継続は絶望的か。HWA所有の旧マシンでレースはできる?

 ストロール側とジーリー側は共に、アストンマーチンの総株式の20%に対して2億ポンド(約286億円)を支払う意思があり、詳細が確定するまでの間に一部の金額を納めることも可能だという。

 アストンマーチンは現在、資金を必要としている。2018年の新規株式公開以来、株価が下落を続け、厳しい財政となっているのだ。これらの動きは専門家から“重大な失敗”と表現されており、同社は2019年の業績が予想を下回るという、いわゆる業績下方修正を発表したばかりだ。

 アストンマーチンは「戦略的投資家との協議を続けている。それは株式投資を含むものとそうでないものがある」と認めている。

 ただ、『ファイナンシャル・タイムズ』によると、アストンマーチンがストロールとジーリーのどちらを選ぶかは、金銭面以外の部分で決まってくる可能性があるとも報じている。

 ジーリーは既に、ロータス、プロトン、ボルボなど様々な自動車ブランドの株式を保有しており、それらのブランドと技術提携を結ぶことに関心がある。一方でストロールは、モータースポーツ界とファッション界におけるコネクションが強固な人物で、レーシングポイントF1チームの共同オーナーも勤めている。

 そしてアストンマーチンは現在、レッドブルF1チームのタイトルスポンサーを務めており、さらにはバンテージを用いて様々なスポーツカーレースに参戦している。DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)からは2019年限りで撤退することとなってしまったが、いずれにせよモータースポーツへの関心が高いメーカーであることは間違いない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します