サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダカールラリーを終え、トヨタ豊田社長がコメント「ダカールを走り終えた仲間達、本当にお疲れ様」

ここから本文です

 2022年のダカールラリーがフィニッシュ。14日間に及ぶ熱戦を制したのは、トヨタのナッサー・アル-アティヤだった。

 アル-アティヤは、ラリー序盤から総合首位につき、そのポジションを堅持してフィニッシュ。最終的には2位セバスチャン・ローブ(プロドライブ/BAHRAIN RAID XTREME)に27分以上の差をつけた。

■トヨタ、ダカールラリー2度目の総合優勝! アル-アティヤが初日から首位譲らず。二輪はサンダーランドV

 このラリーを終え、トヨタ自動車の豊田章男社長は、勝ったアル-アティヤのみならず、市販車部門で優勝を果たした三浦昂、さらにはトラック部門で26位に終わった菅原照仁らにも向けたメッセージを発表した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ