サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダ・コスタが今季初PP。王者メルセデス勢は中団以下に沈む|フォーミュラE第10戦マラケシュ

ここから本文です

 フォーミュラEの2021-2022シーズン第10戦マラケシュePrixの予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチータ)だった。

 シーズンも後半戦に突入しているフォーミュラE。第10戦の予選は例によってランキング奇数のドライバーによるグループAからスタートした。その後グループBの予選を行ない、各組上位4台ずつが、トーナメント形式の“デュエル”に進出してポールポジションを争う。

■フォーミュラE、2022-2023シーズンの暫定スケジュール発表。インド、ブラジルが新開催へ

 グループAでトップに立ったのは、1分18秒386を記録したエドアルド・モルタラ(ヴェンチュリ)だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ