サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アルファロメオ最強のジュリアGTAが間もなく発売。開発はF1のザウバーが全面協力

ここから本文です

アルファロメオ最強のジュリアGTAが間もなく発売。開発はF1のザウバーが全面協力

FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)グループの伊アルファロメオは10月20日、「ジュリアGTA」およびハードコア仕様「ジュリアGTAm」について、開発テストの内容を公開した。
 
ジュリアのトップグレード「クアドリフォリオ」をベースに、マイナス100kgにも達する大幅な減量とプラス30HPのパワーアップを実施したGTAは、後席を取り払ったサーキット向けのGTAmも含め、3月から限定500台のプレオーダーが開始されている(日本導入は未定)。そして今回、歴史的なバロッコのプルービンググラウンドにおいて、540HPのハイパフォーマンスセダンの詰めのセッティングを行なっている様子が明らかにされた。
 
テストにはF1チーム「アルファロメオ レーシングORLEN」からドライバーのキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィが参加。空力性能やハンドリングについて豊富なレース経験をフィードバックした。具体的にはジョビナッツィが、カーボンファイバーコンポーネントとシングルナットハブのテクニカル面についてアドバイス。一方のライコネンは、エアロダイナミクスの改善を助言し、フロントの新型スプリッターやリアのアジャスタブルウイングが改良を受けた。こうした調整により「新型GTAは街乗りでもサーキットでもパーフェクトな性能を発揮する」とライコネンは太鼓判を押している。
 
また、GTAの開発にあたっては、モータースポーツ界で50年以上、F1だけに限っても27年の歴史を持つザウバーグループとのパートナーシップが最大限活用され、フロントバンパー、サイドスカート、マニュアル調整式スポイラー等のカーボンファイバー製パーツのほとんどはザウバーエンジニアリングにより製作されている。空力の追求は、ザウバーが保有する風洞での実験結果を活かしたアンダーボディの成形にもおよび、新型のディフューザーも相まって、より強力なグラウンドエフェクトを発生。さらに、GTAmでは大型のエアロパーツにより、ダウンフォースがGTAの2倍、クアドリフォリオの実に3倍まで引き上げられている。
 
レースシーンで培った技術をふんだんに盛り込んだジュリアGTA。少数でも日本導入に期待したいものだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します