サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「エンジンの上で4匹生まれた!」クルマ乗る前は「猫バンバン」必須? 毎年起こるトラブルに注意

ここから本文です

「エンジンの上で4匹生まれた!」クルマ乗る前は「猫バンバン」必須? 毎年起こるトラブルに注意

■猫の命を奪いかねない!? エンジンルームの猫に注意

 クルマと動物にまつわるトラブルには、ペットを飼っているドライバーが悩まされる車内の臭いや抜け毛などがありますが、ペットのいない人も気をつけたいトラブルとしてエンジンルームに猫が入ってしまうことが挙げられます。

車の安全機能が猫に誤作動!? 歩行者守るボンネットの修理に20万円かかる理由とは

 猫の命を守るためにもエンジン始動前に気をつけたいものですが、そもそもなぜ猫はエンジンルームに入ってしまうのでしょうか。

 猫がエンジンルームに入るトラブルは毎年一定数起こっています。

 ロードサービスを展開するJAFによると、2018年の1月に猫がクルマに入り込んだことで起こったトラブルによって、JAFが出動した件数は19件発生。翌2019年1月には同じ理由で25件出動したといいます。

 2019年1月のデータで見ると、動物が入り込んでしまったことによるトラブルは猫以外の動物も含めた件数で27件を記録したということなので、すべての動物のうち9割以上を猫が占めた計算となります。

 猫がエンジンルームに入ってしまう理由について、JAFは次のように説明します。

「猫は暖かい場所だけでなく狭い場所も好みます。駐車しているクルマのエンジンルームは風雨が入りにくく、そのうえ暗く狭い空間で、警戒心の強い猫にとっては安心できるようです。

“暖かいから”という理由だけではないことからか、2018年と2019年でともに沖縄県での要請もありました。そのため、冬だけでなく1年を通してご注意ください」

※ ※ ※

 JAFによると、過去の出動依頼のなかには「エンジンルーム下部のアンダーカバーの上に猫が4匹生まれていた」というものもあったといいます。

 猫がエンジンルームに入ったままエンジンを始動させてしまうと、エンジンベルトに巻き込まれる場合もあり、大変危険です。

 寒い時期はもちろん、それ以外の季節であっても、乗車前にはエンジンルームを叩くことなどを実践して、猫の命を守りましょう。

■クルマの発進時は猫以外にも注意? 事故を防ぐためにやるべきこととは

 クルマを発進させるとき、気をつけるべきものは猫だけに限りません。クルマの死角に隠れた子どもにも、十分に注意する必要があります。

 JAFは、過去に駐車スペースからミニバンに乗ったドライバーがバックで出ようとしているシチュエーションを、動画でシミュレーションしています。

 動画内では、ドライバーがバックモニターを見て後方を確認しながらハンドルを右に切って後退しようとしています。

 しかし、モニターに気を取られるあまり、クルマの左側を前方から通り抜けようとしていた子どもに気づかず、危うく接触しそうになる描写があります。

 バックモニターはクルマの側方を映すことはできないので、バックモニターだけを見て後退することは危険です。

 JAFは、駐車場内で気をつけるべき点について、「とくにミニバンやSUVのような車体の大きなクルマは死角も大きく、背の低い子どもは見落としがちになります。

 駐車場では子どもの存在に十分注意して、バックする際はバックモニターだけでなく、ミラーや目視でも確認するようにしましょう」と呼びかけています。

 また急いで出発しようとすると、最初からクルマのそばにいた子どもに気づくこともできず、最初から防げるはずだった事故も起こしてしまう可能性があります。

 クルマを発進させるときは、慌てずクルマの周囲の安全確認を十分におこない、猫や子どもなどに注意して操作しましょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します