サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル「VSCのタイミングが悪く、オコンにポジションを奪われた」:アストンマーティン F1第19戦決勝

ここから本文です
 2021年F1第19戦ブラジルGPの決勝レースが行われ、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは11位、ランス・ストロールは47周目にリタイアでレースを終えた。

■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=11位
 今日はポイントを獲れる可能性が十分にあると思っていた。だけど、バーチャルセーフティカーのタイミングが僕らの助けにはならず、エステバン(・オコン)にポジションを奪われた。あれがなければ、また違ったレースになっていたはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ