サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ、「ボンゴブローニイバン」一部改良 要望の高い2WDのディーゼル車を追加

ここから本文です

マツダ、「ボンゴブローニイバン」一部改良 要望の高い2WDのディーゼル車を追加

マツダ、「ボンゴブローニイバン」一部改良 要望の高い2WDのディーゼル車を追加

 マツダは24日、商用バン「ボンゴブローニイバン」を一部改良し、同日から発売すると発表した。顧客から要望の高かった2WD車のディーゼルエンジンモデルを新たに追加した。全車でWLTCモード燃費も取得した。

 追加したグレードは「DX」「GL」。排気量2・8リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンと6速ATを組み合わせる。最高出力は111キロワット、最大トルクは300ニュートンメートルを発揮する。WLTCモード燃費は11・3キロメートル/リットル。「平成30年排出ガス規制」と「平成27年度燃費基準+15%」を達成し、自動車税は非課税、重量税は免税となる。

マツダ、商用車生産から撤退 「ボンゴ」OEM調達に ダイハツ「グランマックス」ベース

 価格は253万2200~371万300円。そのうち、DXは310万4200円、GLは333万7400円(消費税込み)。同車はトヨタ自動車からのOEM(相手先ブランドによる生産)車で、ベースは「ハイエース」。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します