サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「平成の自動車チューニング」いつの間にか消えてしまったもの5選

ここから本文です

クルマの進化や環境問題で必要性がなくなった

 時代は世につれ……。あるときは流行っていたのに、時が経つと忘れ去られてしまうものはいろいろとある。もちろん自動車のアフターパーツ関係も同じくだ。とはいえ、クルマの場合は人々の関心が薄れるというよりも、性能や品質の進化によって通用しなくなるというほうが大きいかもしれない。今回は平成の時代にチューニングで流行ったものを振り返ってみよう。

韓国車から米国2位のメーカーまで「日本では生き残れなかった自動車ブランド5つ」

アーシング

 ご存知のようにクルマの配線において”マイナス”はボディを使用する。

おすすめのニュース

サイトトップへ