現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > EVで強化 すこぶる実用的 ホンダ「Nバン イー」発表

ここから本文です
EVで強化 すこぶる実用的 ホンダ「Nバン イー」発表
写真を全て見る(4枚)

コンセプトは移動蓄電コンテナ

ホンダの開発陣は「環境にやさしい」、「どこでも給電」、「自在に使える」という三つの柱を掲げており、早朝深夜の運送や電動工具の給電使用、ホビーでのアウトドアユース、災害時なども幅広く想定したとのこと。

【画像】Nバンe のキュートなディテールはこちら 画像をみる 全64枚

本気で使える商用バンとして容量29.6kWhのバッテリーを搭載、航続距離245kmとEV軽バン史上トップクラスの性能を誇る。

大きな容量のバッテリーをフロアに設置しているにもかかわらず、ホンダ車初採用となるパウチセル式バッテリーにより本体をコンパクト化。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ティグアンやQ3とも遜色なし! 日産キャシュカイ(旧デュアリス)へ試乗 家族層へ確かに「響く」
ティグアンやQ3とも遜色なし! 日産キャシュカイ(旧デュアリス)へ試乗 家族層へ確かに「響く」
AUTOCAR JAPAN
他メーカーが見習うべき「優等生」 クプラ・ボーン ベストEV賞 AUTOCARアワード2024
他メーカーが見習うべき「優等生」 クプラ・ボーン ベストEV賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
【ディーゼルAWDは決意の証】改良モデル全車発進! フォルクスワーゲン大発表会
【ディーゼルAWDは決意の証】改良モデル全車発進! フォルクスワーゲン大発表会
AUTOCAR JAPAN
トヨタが新型「マジェスティ」実車公開! 全長5m超え&ギラ顔がイイ! “超豪華”内装の「プレミアム“バン”」泰に登場
トヨタが新型「マジェスティ」実車公開! 全長5m超え&ギラ顔がイイ! “超豪華”内装の「プレミアム“バン”」泰に登場
くるまのニュース
はじめてのEVに244万円からのホンダ「N-VAN e:」はいかが? 大人気の「N-VAN」がEVになって、おひとりさま専用タイプも登場!?
はじめてのEVに244万円からのホンダ「N-VAN e:」はいかが? 大人気の「N-VAN」がEVになって、おひとりさま専用タイプも登場!?
Auto Messe Web
ホンダ新型「すごい軽バン」登場! まさかの運転席のみ“おひとりさま専用モデル”アリ!? 新型「N-VAN e:」どんな人に適してる?
ホンダ新型「すごい軽バン」登場! まさかの運転席のみ“おひとりさま専用モデル”アリ!? 新型「N-VAN e:」どんな人に適してる?
くるまのニュース
Mk8.5へ進化! フォルクスワーゲン・ゴルフへ試乗 ステアに「ボタン」復活 マルチな実力を底上げ
Mk8.5へ進化! フォルクスワーゲン・ゴルフへ試乗 ステアに「ボタン」復活 マルチな実力を底上げ
AUTOCAR JAPAN
悪路を走る軽量スポーツカー 300馬力の新型アリエル・ノマド2 公道でも快適に
悪路を走る軽量スポーツカー 300馬力の新型アリエル・ノマド2 公道でも快適に
AUTOCAR JAPAN
約150万円! トヨタ新型「プロボックス」発表に「トヨタの最高傑作!」の声! 最新“ハイテク機能”搭載した「商用バンの皇帝」 22年目の進化とは
約150万円! トヨタ新型「プロボックス」発表に「トヨタの最高傑作!」の声! 最新“ハイテク機能”搭載した「商用バンの皇帝」 22年目の進化とは
くるまのニュース
タジマ、新型EV車両5機種を発表…バンからミニカーまで幅広いラインナップ
タジマ、新型EV車両5機種を発表…バンからミニカーまで幅広いラインナップ
レスポンス
人気の軽EVのライバルとなるか? 日本導入も確実なヒョンデの小型EV「インスター」の気になる中身
人気の軽EVのライバルとなるか? 日本導入も確実なヒョンデの小型EV「インスター」の気になる中身
THE EV TIMES
【ホンダのSUV人気を支える】 ホンダアクセス&無限ホンダSUVカスタマイズモデル試乗取材会
【ホンダのSUV人気を支える】 ホンダアクセス&無限ホンダSUVカスタマイズモデル試乗取材会
AUTOCAR JAPAN
トヨタ新型「ハイエース」まもなく登場!? デビュー20年目「大人気“商用バン”」の進化に期待大!「超静音モデル化」実現か
トヨタ新型「ハイエース」まもなく登場!? デビュー20年目「大人気“商用バン”」の進化に期待大!「超静音モデル化」実現か
くるまのニュース
ホンダ「フリード」は新型で何が変わった? 8年ぶりのフルモデルチェンジで燃費性能はどう進化したか。
ホンダ「フリード」は新型で何が変わった? 8年ぶりのフルモデルチェンジで燃費性能はどう進化したか。
くるくら
アウディがピュアEVの旗艦グランツーリスモ「e-tron GT」をマイナーチェンジ
アウディがピュアEVの旗艦グランツーリスモ「e-tron GT」をマイナーチェンジ
カー・アンド・ドライバー
ホンダ“新”「フィット」発表! “最も燃費がイイ”「ハイブリッドモデル」!? デザイン異なる“独自モデル”に安全性高めた「新仕様」台湾で登場
ホンダ“新”「フィット」発表! “最も燃費がイイ”「ハイブリッドモデル」!? デザイン異なる“独自モデル”に安全性高めた「新仕様」台湾で登場
くるまのニュース
約2年ぶりに今夏復活! ホンダ「“すごい”SUV」まもなく発売! スポーティな「RS」&「ハイブリッド」の新型「CR-V」追加導入の可能性とは
約2年ぶりに今夏復活! ホンダ「“すごい”SUV」まもなく発売! スポーティな「RS」&「ハイブリッド」の新型「CR-V」追加導入の可能性とは
くるまのニュース
トヨタ ヤリスクロス[2020年8月-]【いま新車で買えるクルマカタログ】価格/装備/走りの3拍子が揃った、コンパクトSUVのベストセラー
トヨタ ヤリスクロス[2020年8月-]【いま新車で買えるクルマカタログ】価格/装備/走りの3拍子が揃った、コンパクトSUVのベストセラー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

5件
  • kodawarisan93
    冷却水を温めることや暖房にはヒートポンプシステムは導入されていない?!
    もしそうだとしたら冬場の走行距離が心配だけど...
  • iwa********
    こんな値段出せば中華圏では立派なSUVが買えます
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

368.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.0125.4万円

中古車を検索
インスパイアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

368.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.0125.4万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村