サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 【カーエレクトロニクススペシャル】「ケンウッド彩速ナビ」に新スタイルが登場!

ここから本文です

【カーエレクトロニクススペシャル】「ケンウッド彩速ナビ」に新スタイルが登場!

モデルチェンジで各部がブラッシュアップされた、ケンウッド彩速ナビのフラッグシップ“Type M”。注目は同社初のフローティングディスプレイだ!

スタイリッシュボディに最新AVナビ機能を満載

JVCケンウッドが最新機能搭載のドラレコ3機種をリリース

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDF
オープン価格(実勢価格:148,500円前後/ 編集部調べ)

ケンウッドのAV一体型ナビ「彩速ナビ・タイプM」は、最新の2020年モデルを4機種ラインナップするが、その中でも注目は、モニターが浮かんで見えるフローティングスタイルを採用した「MDV–M907HDF」だ。

ケンウッドらしいスタイリッシュで高級感にあふれるデザインの同モデルは、2DIN(カーAVユニットの規格)サイズの本体に9型ディスプレイユニットを組み合わせることで約230車種への装着を実現。これまで大画面ナビの装着をあきらめていた車種にも対応(車種別適合情報は同社ウェブサイトに掲載)している。

ディスプレイユニット部分は前後に角度調整(マイナス10~プラス60度)が可能なので、モニターが光を反射しない角度を選んだり、前方に倒してDVD/CDスロットやSDスロットにアクセスできるようになっている。

静電式タッチディスプレイのフロントパネルは、スマホ同様にフリックやドラッグ、ピンチイン/アウト操作が使えるほか、歴代の彩速ナビでおなじみの「ジェットレスポンスエンジンIII」や「S3フォーマット」といった独自技術が投入され、業界トップレベルの快速レスポンスを実現している。

大型かつ高精細な9インチHDディスプレイは視認性も抜群な上に、独自の「オーガニックGUI」では地図画面上にインフォ画面やAV画面を重ねて表示し、多くの情報が素早く確認できるのだ。

このほか充実のナビ機能やハイクオリティなAV機能を数多く搭載。オプションとして車両前後の状況を高画質で同時に記録できる、高画質な2カメラ型ドライブレコーダーも用意している。

車種や予算に合わせて選べる彩速ナビType Mラインナップ

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M907HDL オープン価格(実勢価格:137,500円前後)

トヨタ、ホンダ、ダイハツの9型ナビ対応車に適合。インダッシュ型の9型大画面モデル。

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M807HDW オープン価格(実勢価格:93,500円前後)

200mmワイドサイズボディに7型画面を搭載。トヨタ車、日産車の多くに装着が可能だ。

KENWOOD 彩速ナビ MDV-M807HD オープン価格(実勢価格:93,500円前後)

2DINサイズボディに7型画面を搭載。汎用性が高く、旧型のクルマにも幅広く対応する。

彩速ナビType Mと組み合わせるのに最適なドライブレコーダーをオプション設定

KENWOOD ドライブレコーダー DRV-MN940 オープン価格
高画質な2カメラ型ドライブレコーダーをオプション設定

広範囲をカバーして安心感を向上!単体タイプの高性能ドラレコがデビュー

KENWOOD ドライブレコーダー DRV-MR8500(2カメラ型)

オープン価格(実勢価格:42,000円前後)※9月中旬発売

2カメラ型ドライブレコーダーの最上級モデル。独自の「AIセンシング」を搭載することにより、後方車両の急接近や蛇行運転など、いわゆる「あおり運転」を自動で検知。ドライバーに画面と警告音で危険を知らせるとともにイベントフォルダに映像を保存。ドライブレコーダーとしての機能も充実しており、本体カメラ、リアカメラともWQHD画質(解像度2560×1440)による高精細な映像記録を実現。さらにF1.6の明るいレンズやSTARVIS技術、HDR機能などで昼夜を問わず明るく鮮明な映像を捉える。リアカメラには色付きガラスの影響を受けないスモークシースルー機能を備える。

KENWOOD ドライブレコーダー DRV-C750(360°カメラ型)
オープン価格(実勢価格:40,000円前後)※8月下旬発売

ケンウッド初の360°カメラ型。本体に搭載されたカメラは水平360°/垂直240°の画角を持ち、車内とともにウインドー越しに車両周囲の状況を捉えられるので、側面への衝突や幅寄せ、車内への侵入など、さまざまなトラブルに対応できる。また、パノラマモード/前後2分割録画/前後左右4分割録画/ラウンドモードの4つの撮影モードは、好みや状況に応じて使い分けられる。F1.8の明るいレンズや明暗差を自動補正するHDR機能も搭載。後方撮影用カメラ「CMOS-DR750(実勢価格10,000円前後)」もオプションで用意。車両後方の状況をフルHD画質で撮影できる。

お問い合わせ
JVCケンウッド https://www.kenwood.com/jp/

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します