サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「F1コスト制限導入の前年には記録的な予算を費やすことになる」とレッドブル代表

ここから本文です
 レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、2020年シーズンは2021年レギュレーション改定への準備のためのコストも相まって、チーム設立以来最も多額のコストがかかる年になるだろうと語っている。

 2021年からF1各チームにはレギュレーションによってコスト制限が課されるが、2020年には制約がない。風洞使用時間などのある種の開発面の制限はあるものの、トップチームは新仕様の2021年型マシンの設計開発に膨大な資金を投入するものとみられている。