サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペンとハミルトンは「危険を冒し、マシンやコースの安全性能に頼り切っていた」元F1王者ハッキネン

ここから本文です
 2度のF1世界チャンピオンであるミカ・ハッキネンは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が2021年シーズンに戦う際に“非常に重大な危険”を冒しており、身を守るにあたっては、マシンとコースの安全性に頼っていたと考えている。

 フェルスタッペンとハミルトンのふたりは2021年のレースを支配しており、予想どおり何度かコース上で接触したが、幸いにも身体的なダメージはなかった。しかしながら、シルバーストンでのイギリスGPスタート時のクラッシュでは、フェルスタッペンはバリアに激突してしており、悲劇的な結末を迎える可能性もあった。

おすすめのニュース

サイトトップへ