サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > お手上げハミルトン、フェルスタッペン相手に激しいディフェンスをするのは「無意味だった」

ここから本文です
 F1第7戦フランスGPで優勝争いを繰り広げたメルセデスのルイス・ハミルトンは、異なる戦略を取ったライバル、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに残り2周で抜かれた際、「必要以上の抵抗は無意味だった」と語った。

 53周で争われたポール・リカール・サーキットでの決勝レース。メルセデス勢が1ストップ戦略を取ったのに対し、レッドブルは1ストップ目で首位に立ったフェルスタッペンを、レース32周目にもう一度ピットに呼び込んだ。フェルスタッペンは、一度取り返した首位を明け渡すことになり、周回数の少ないミディアムタイヤでトップを追い上げた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン