サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 圧勝と記録更新の裏で、自分の身体と戦っていたハミルトン「脚が痛くて、何度もアクセルを抜いた」

ここから本文です

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、アルガルヴェ・サーキットで開催されたF1第12戦ポルトガルGPで圧倒的なパフォーマンスを披露。ミハエル・シューマッハーの持っていたF1通算最多勝利記録を92勝に塗り替えた。

 2位となったチームメイトのバルテリ・ボッタスに25秒以上の大差をつけ、圧勝したハミルトンだったが、レース終盤に右ふくらはぎの筋肉との戦いに直面したという。

【動画】2020年F1第12戦ポルトガルGP決勝ハイライト

「F1は信じられないほどフィジカルなスポーツだ。右ふくらはぎがつってしまったんだ」

 レース後、ハミルトンはそう明かした。

おすすめのニュース

サイトトップへ