サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダeの日本仕様がWebで先行公開。フルデジタル環境のインテリアも注目

ここから本文です

ホンダeの日本仕様がWebで先行公開。フルデジタル環境のインテリアも注目

ホンダは7月31日、8月に国内発表を予定する新型EV「ホンダ e(イー)」をホームページで先行公開した。

2019年のフランクフルトショーで世界初披露されたホンダ初の小型EV「ホンダ e」。既に英国、ドイツ、フランスなど欧州の一部では先行予約が開始されていたが、このたび日本仕様がついに公開された。

開設された専用サイトによると、日本仕様の内外装について欧州仕様から大きな変更はない模様。シームレスなエクステリアデザインや、特徴的な丸形LEDヘッドライト、さらにミラーの代わりにカメラを使ったサイドビューシステムなど、基本デザインはフランクフルトでの公開時のままだ。国内ではボディカラーに黒、灰、銀、白、黄、赤、青の7色が用意される。

ミニマルなインテリアにも注目したい。インストルメントパネルはディスプレイやメーターを一直線に配したワイドビジョンモニター、およびサイドを映し出す2対のモニターで構成され、ボタン類は極力減らされている。コンパクトなボディサイズながら、リビングにいるような心地よさを目指したという室内デザインもアピールポイントだ。また、各デバイスは「OK, Honda」で起動する「Honda パーソナルアシスタント」により音声でコントロールすることも可能となっている。

先進のコネクティビティも備えており、ドライバーは車外からスマートフォンでエアコンのコントロールやドアの施錠開錠、さらにはナビゲーションの目的地設定など様々な操作が可能。充電/給電ポートはボンネット上にコンパクトにまとめられ、使い勝手にも万全の配慮がなされている。

国内仕様のスペック等は現状明らかでないが、参考までに英国では136馬力と154馬力の2タイプが用意され、航続距離は最大220km、スタート価格は約350万円となっている。

特設サイトのURL
https://www.honda.co.jp/honda-e/new/


おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します