サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】好調61号車スバルにまさかのターボトラブル。3戦連続PPの「自信あった」と山内英輝

ここから本文です
 鈴鹿サーキットで行なわれたスーパーGT第3戦の予選では、トップタイムをマークした10号車TANAX GAINER GT-Rの再車検後失格や、それに次ぐタイムを出していた88号車Weibo Primez ランボルギーニ GT3のタイム抹消など二転三転あり、7号車Studie BMW M4がポールポジションを獲得した。しかし、本来であればその争いに加わるであろうと目されていたのが、61号車SUBARU BRZ R&D SPORTだった。

 昨年のGT300クラスチャンピオンである61号車は、今季も開幕から2戦連続でポールを獲得するなど、その速さは健在。

おすすめのニュース

サイトトップへ