サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW M2が伝説的アーティストのキャンバスに! 2020年夏には特別仕様車を市販予定

ここから本文です

BMW M2が伝説的アーティストのキャンバスに! 2020年夏には特別仕様車を市販予定

BMW M2 Competition

BMW M2 コンペティション

BMW M2が伝説的アーティストのキャンバスに! 2020年夏には特別仕様車を市販予定

フューチュラデザインの特別仕様は2020年6月市販予定

BMWとBMW M GmbH、BMW INDIVIDUAL、そしてアート界のレジェンドがタッグを組んだ。BMW M2 コンペティションをキャンバスに見立て、フューチュラがアートワークを施した特別なモデルを製作中という。

フューチュラ自らハンドペイントを施すM2 コンペティションは3台。さらに、彼のデザインをベースに仕上げたM2 コンペティションの特別仕様車が2020年6月に市販される。

完成した作品のうちの1台は、2020年2月13日に開幕する「フリーズ ロサンゼルス アートフェア」でお披露目される。フリーズ アートフェアは、ロンドンの現代美術と文化の専門誌『フリーズ(Frieze)』を刊行するフリーズ社が開催している国際的アートイベントだ。

NY出身の伝説的グラフィティアーティスト

今回M2 コンペティションをベースに、唯一無二のアートワークを描きあげるのは国際的に名を知られるグラフィティアーティストのフューチュラ。1955年にレオナルド・ヒルトン・マクガーとしてNYで生まれ、スプレー缶片手に地下鉄やストリートで作品を作り上げた彼は80年代にジャン=ミシェル・バスキアやキース・ヘリング、ドンディ・ホワイト、ケニー・シャーフとともに大きなアート・ムーヴメントを引き起こした。

ギャラリーに閉じ込められていた芸術を、公に解放した立役者のひとりと言えるフューチュラ。その飛び抜けた色彩感覚や幾何学的な構成などから、抽象画家の先駆者とされるワシリー・カンディンスキーと比較されることも多い。

550Nmの心臓を積むBMW Mの最小クーペ

彼が今回キャンバスにするM2 コンペティションは、Mモデルの最小2ドア クーペ「M2」のハイパフォーマンスモデル。全長4.4mのコンパクトな高剛性クーペボディに、7600rpmまで吹け上がる3.0リッター直列6気筒ターボユニットを搭載する。最高出力は410ps、最大トルクは550Nmに達し、0-100km/h加速4.2秒をマークする小さな駿馬だ。

BMWはおよそ半世紀にわたり100を超える文化支援事業を行ってきた。その支援範囲は現代アートやクラシック音楽、ジャズ、建築、デザインなどあらゆる分野に及ぶ。

1972年にはゲルハルト・リヒターがミュンヘン本部建物のロビーに掲げる大作の絵画3点を製作。以来、アンディ・ウォーホールやロイ・リキテンスタイン、オラファー・エリアソン、ズービン・メータ、アンナ・ネトレプコ、ジェフ・クーンズといった数々のアーティストとコラボレーションしてきた。

また、本社社屋や工場の設計をカール・シュヴァンツァー、ザハ・ハディド、コープ・ヒンメルブラウなどの著名建築家へ依頼し活動の場を提供。さらに日本国内では、瀬戸内芸術祭や大地の芸術祭、六本木歌舞伎などに協賛するほか、森美術館をゴールドメンバーとしてスポンサードしている。

グラフィティ界の伝説でありアイコンであるフューチュラが、M2 コンペティションにどのようなアートを吹き込むのか。その全容は2020年2月13日、ハリウッドのパラマウント ピクチャーズ スタジオで明らかになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します