サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ”伝説”のF1デザイナー、ゴードン・マレーとレーシングポイントF1がタッグ。夢の”市販ファンカー”を開発

ここから本文です
 伝説的なF1デザイナーであるゴードン・マレーが率いるゴードン・マレー・オートモーティブ(GMA)は、レーシングポイントF1チームと提携することを発表。チームの風洞を活用し、空力ファンを備えたスーパーカー『T.50』の開発を進めるようだ。

 マレーは、ブラバムやマクラーレンで活躍したF1デザイナー。1978年のF1スウェーデンGPでニキ・ラウダが圧勝するも、わずか1戦で使用禁止となったことで有名な”ファンカー”ブラバムBT46Bや、年間15勝を達成したマクラーレンMP4/4など多くの独創的なF1マシンを開発。

おすすめのニュース

サイトトップへ