サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ラッセルは降格」とのメルセデスF1代表のジョークに元王者ジョーンズが不快感

ここから本文です
 1980年のF1チャンピオンであるアラン・ジョーンズは、2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPでバルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルの間に発生したインシデントの後、ラッセルを非難したメルセデスF1チーム代表トト・ウォルフについて批判的な発言を行った。

 イモラ・サーキットでの決勝31周目、ラッセルは前を行くボッタスを抜こうとした際に濡れた路面で体勢を崩し、ボッタスに衝突した。2台はコースオフしてストップ、無線で怒りをぶちまけたラッセルは、マシンを降りた直後にボッタスに対して憤りを示し、その後のインタビューのなかでボッタスのドライビングを非難した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン