サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マゼピン、予選アタック妨害でペナルティ「アタック順番待ちの紳士協定は機能していない」と不満|F1スペインGP

ここから本文です
 F1第4戦スペインGPの予選、ハースのニキータ・マゼピンは最下位の20番手で終えたが、ランド・ノリス(マクラーレン)のアタックを妨害したとして3グリッド降格ペナルティを受けた。なおマゼピンは最下位だったため、グリッドへの直接的な影響はない。

 ハース勢はセッション開始直後にコースイン。1発目のアタックを行なった後にピットに戻り、タイヤを履き替えて再度アタックに向かった。この時、コース上はちょうど最初のアタックを終えたマシンと、これからアタックに向かうマシンが混在している状況だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ