サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェリペ・マッサとエマーソン&ピエトロ・フィッティパルディ、アイルトン・セナの愛機を駆る

ここから本文です

フェリペ・マッサとエマーソン&ピエトロ・フィッティパルディ、アイルトン・セナの愛機を駆る

フェリペ・マッサとエマーソン&ピエトロ・フィッティパルディ、アイルトン・セナの愛機を駆る

 エマーソン・フィッティパルディやフェリペ・マッサ、ピエトロ・フィッティパルディらが参加し、F1ファンフェスティバルがブラジルのサンパウロで開催された。このイベントはブラジルの英雄であるアイルトン・セナ没後25年を記念して行われたイベント。セナが1984年に走らせたトールマンTG184や、1985年のロータス97Tなどが、市街地を駆け抜けた。

 エマーソン・フィッティパルディはmotorsport.comに対して次のように語った。

■あれから30年……セナ・プロの接触が世界に衝撃を与えた|1989年日本GP

「私にとっては、ここサンパウロでセナのマシンをドライブできるのは、とても光栄なことだ。感動的で、素晴らしかった。このクルマはアイルトンがドライブした時と同じで、ベルトとシートも当時のままだ。彼と私は身長も同じくらいだったので、ポジションも完璧だ」

「ここにいるメカニックは、アイルトンと共に最初の勝利を収めた時のメカニックだ。だからロータスと共に長い歴史がある。アイルトンが我々に与えてくれた喜びと数多くの勝利を思い出す。そしてブラジル人であることを誇りに思っているよ」

「このイベントは、ブラジルGPを前に行われた巨大なパーティだった。そしてF1にブラジル人が戻ってくることを祈っている」

 このフェスティバルでは、セナの愛機の他、近代的なF1マシンも走行した。エステバン・グティエレスはメルセデスの2017年用マシンを走らせ、ブラジル人の若手ドライバーであるカイオ・コレットは2012年のロータスE20のステアリングを握った。しかしコレットは、走行中にそのノーズを傷めてしまった。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します