サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スタートから悪い流れに。接触は「見てくれているファンに対して本当に残念なこと」/ホンダ山本MDインタビュー

ここから本文です
 3連戦の締めくくりとなった2021年F1第14戦イタリアGP。チャンピオンを争うマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の戦いは、接触により両者リタイアに終わった。

 ホンダF1の山本雅史マネージングディレクターはイタリアGPを振り返って、今回の結果はレッドブルにとっても、そしてイタリアに拠点を置くアルファタウリにとっても残念なレースであり、接触については「見てくれている多くのレースファンに対して、本当に残念なこと」だったと語った(注:このインタビューは、フェルスタッペンに次戦3グリッド降格ペナルティが出される前に行われたものです)。

おすすめのニュース

サイトトップへ