サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンモノのF1エンジンを後席の間に搭載! プロストもドライブした史上最強ミニバン「エスパスF1」の衝撃

ここから本文です

メーカー公認で作られた化け物マシン

 販売されるクルマの主体がセダンからミニバンに移り、市民権を得てからかなりの時間が経った。その間に数多くのミニバンが生まれたが、高級ミニバンの中にはパワフルな多気筒エンジンを搭載して、力強さをアピールする車種もある。

メーカーもよくぞ作ったり! GT-Rやランエボのエンジンを積んだ激速「怪物ワゴン」4台

 でもこの世には、一般的な「速いミニバン」のレベルをはるかに超越した、とてつもなく強烈なミニバンが存在する。それが1994年のパリサロンで発表された「ルノー エスパス F1」だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ