サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、カナダGPでのクラッシュは自分のミス「チームの皆に謝った」

ここから本文です

 F1カナダGPの決勝レースで、アルファタウリの角田裕毅はリタイアに終わった。

 角田は、年間に使用することが許されている上限を超えたパワーユニット(PU)のコンポーネントを使用したとして、最後尾グリッドからスタート。しかしレースペースは強力であり、入賞も十分に狙える位置まで順位を上げていた。

【F1第9戦カナダGP決勝レポート】フェルスタッペンが優勝。サインツJr.との”頂上決戦”制して今季6勝目

 しかし、2回目のピットストップを終えてコースに戻った直後、角田はターン2でオーバーランしてしまい、コースのアウト側に設置されていたテックプロ・バリアにクラッシュ。ここでレースを終えた。

 角田曰く、このクラッシュは自身のミスだったようだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン