サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス代表「ハミルトンはアンフェアなドライバーではない」レッドブルの批判に反論

ここから本文です

 F1第10戦イギリスGPで発生したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のクラッシュは、大きな議論を呼び起こし、レッドブル側は原因を作ったとしてハミルトンを強く批判している。

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、ハミルトンがとったコプス・コーナーでの動きが“危険で無謀な行為”と断じ、レース出場停止など重い罰則を受けるべきだと語気を強めていた。

■レッドブルF1のマルコ博士、ハミルトンの”危険な行為”激怒「出場停止などで罰するべき」

 またチーム代表のクリスチャン・ホーナーも、ハミルトンは“フェアではないドライビング”をしていたと批判を行なっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン