サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アストンマーティンF1、ベッテルの失格裁定に対し上訴の意志を表明。リザルトは暫定扱いに/F1第11戦

ここから本文です

アストンマーティンF1、ベッテルの失格裁定に対し上訴の意志を表明。リザルトは暫定扱いに/F1第11戦

アストンマーティンF1、ベッテルの失格裁定に対し上訴の意志を表明。リザルトは暫定扱いに/F1第11戦

 F1第11戦ハンガリーGP決勝で2位でフィニッシュしたセバスチャン・ベッテルは、レース後、技術規則違反により失格の裁定を受けた。しかしその後、アストンマーティンF1は、スチュワードに対し、上訴の意志を通知した。これにより、決勝リザルトは暫定扱いとされ、ベッテルが2位にとどめられている。

  F1技術レギュレーション第6.6.2条には、「競技者は、競技会期間中常に車両から1.0リットルの燃料サンプルを抽出できる状態を確保しなければならない」と定められている。しかし、ベッテルのマシンからは0.3リットルの燃料しか抽出できなかったため、スチュワードは失格の裁定を下した。

2位フィニッシュのベッテルが技術規則違反で失格。ハミルトン以下の順位が繰り上がりへ/F1第11戦

 それを受け、アストンマーティンが上訴の意志を正式に示したことが発表された。これにより、上訴の通知が受理されるか、FIA国際控訴裁判所が何らかの決定を下すまでの間、ベッテルの5号車はFIA技術部門により封印され押収される。

 処遇が正式に決まるまで、決勝リザルト、ドライバーズ選手権ランキング、コンストラクターズ選手権ランキングは、ベッテルの2位が記載されたバージョンが暫定的に維持される。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します